Circuitディープリンクサポーターとは

管理画面から、アプリ起動URI(ディープリンク)とアプリ内のアクションの紐付けを行う事により、アプリにディープリンクを追加することができます。 SDKを一度実装していただいた後は、アプリ申請することなく、設定を変更することが可能です。 Circuit ディープリンク サポーターは、mobile.deep.linkingというオープンソース基準に準拠し、独自の機能を拡張しています。 mobile.deep.linkingとは、criteo、flurry等の世界的なベンダーもコントリビューターとして参加しているディープリンクの標準化プロジェクトです。

Circuit ディープリンク サポーター 導入手順

STEP1

管理画面上で、遷移先の画面の情報と、アプリ起動URIを設定

STEP2

SDKとアプリの設定情報を読み込むためのコードを追加

STEP3

アプリアップデートで、ディープリンク対応完了!

Circuitディープリンクサポーター 対応環境

SDK対応開発環境

Xcode5,6 ネイティブ言語(Objective-c)による開発環境

対応iOS

iOS7,iOS8

Android SDK対応開発環境

Android Studio 1.0.0 以上

Android SDK対応OS

Android2.3.3 APIs 以上、Android Support Library, revision 21.0.2

管理画面推奨環境OS

Windows7以上、MacOSX10.8以上

管理画面推奨環境ブラウザ

Chrome最新版、Firefox最新版

We are hiring!

株式会社フクロウラボは一緒にCircuitを開発してくれるメンバーを募集中です!

採用情報はこちら